不安定からの発想

佐貫亦男 著

ライト兄弟はどうして大空を飛べたのか。それを可能にしたものは、勇気と主体的な制御思想だった。空が不安定なものであることを受け入れ、過度な安定に身を置かず、自らが操縦桿を握ることで安定を生み出すのだと。それはわれわれの人生に重なる発想ではないか-。現代社会を生きる人々に航空工学の泰斗が贈る不安定な時代を生き抜く逆転の発想。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 飛行機安定への遠い路(まず飛行の志-安定の前に
  • 飛行安定は精神の安定から-ケーリーの飛行機研究
  • 飛行機安定の基本原理-それはヤジロベエにすぎない
  • 不幸な天才-心の安定を失うとき ほか)
  • 2 安定の思考(ヘリコプターは皿まわしである-不安定でも救いはある
  • コマは小宇宙である-自立安定の最低条件
  • 過度の安定は悪である-強引な安定化は混乱のもと
  • 安定なシステムは立ち上がりが悪い-おっちょこちょいの効用 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 不安定からの発想
著作者等 佐貫 亦男
書名ヨミ フアンテイ カラノ ハッソウ
書名別名 Fuantei karano hasso
シリーズ名 講談社学術文庫 2019
出版元 講談社
刊行年月 2010.10
ページ数 237p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292019-3
NCID BB03526900
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21833210
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想