ニッポンの思想

佐々木敦 著

クラインの壺、脱領土化、天皇論、「悪い場所」論、物語消費、郵便的、動物化-この30年の論壇を読み直す試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 「ゼロ年代の思想」の風景
  • 第1章 「ニューアカ」とは何だったのか?
  • 第2章 浅田彰と中沢新一-「差異化」の果て
  • 第3章 蓮實重彦と柄谷行人-「テクスト」と「作品」
  • 第4章 「ポストモダン」という「問題」
  • 第5章 「九〇年代」の三人-福田和也、大塚英志、宮台真司
  • 第6章 ニッポンという「悪い場所」
  • 第7章 東浩紀の登場
  • 第8章 「動物化」する「ゼロ年代」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニッポンの思想
著作者等 佐々木 敦
書名ヨミ ニッポン ノ シソウ
書名別名 Nippon no shiso
シリーズ名 講談社現代新書 2009
出版元 講談社
刊行年月 2009.7
ページ数 349p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288009-1
NCID BA90727101
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21634082
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想