究極の人間関係力 : 「角栄語録」の奥義

小林吉弥 著

政治の世界のみならず、ビジネス社会はすべて「人間関係」で成り立っている。日本の高度成長期を演出した希代のカリスマ政治家はまた、「人間学博士」として広大無比な人脈を築き、圧倒的な影響力を発揮した。IT時代に入り人間関係は大きく様変わりしたように見えるが、対上司、部下、同僚、商談相手…と、いまこそまさに田中角栄流"生きる知恵"が必要となってきている。すべてのビジネスマン必読!角栄研究第一人者による初の「人間関係力」名語録集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 上司編「部下がついてくる最強鉄則」13ポイント(物事は、「三分間が勝負」と知る。交渉、説得、すべてここで決まる。長話は部下もヘキエキする。
  • 「名上司」とは、部下をどう「叱る」「ほめる」かに尽きる。その知恵なくして、業績が上がるわけがない。 ほか)
  • 第2章 部下編「上司の信頼を高める絶対心得」18ポイント(「真理は、常に中間にあり」。我を通すだけが能じゃない。これを理解することが、人の支持が集まる最大のポイント。
  • とにかく「人と会うこと」。その心得が、人生・ビジネスのヒントをくれる。IT社会の罠にはまってはいけない。 ほか)
  • 第3章 リーダー編「譲ってはいけない絶対原則」10ポイント(「民主主義社会だからこその強いリーダーシップ」が不可欠。独裁社会なら、体制派のミコシに乗っていれば事済む。
  • 結局は、リーダーの生命線は「目標達成」をおいてない。成果が、すべての忠誠心、求心力を決める。 ほか)
  • 第4章 田中角栄流「絶対トクする世渡りの技術」養成講座-目からウロコ!ライバルに差!(「スピーチ(会話)上手への極意」。決め手は、「相手との一体感をかもせるか」「換骨奪胎能力があるか」「笑いがあるか」の三つ。
  • 「雑談の名手」を目指せ。その効用は、計り知れない。第一に、人にかわいがられる。 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 究極の人間関係力 : 「角栄語録」の奥義
著作者等 小林 吉弥
書名ヨミ キュウキョク ノ ニンゲン カンケイリョク : カクエイ ゴロク ノ オウギ
書名別名 Kyukyoku no ningen kankeiryoku
シリーズ名 講談社+α文庫
出版元 講談社
刊行年月 2007.4
ページ数 248p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-281106-4
全国書誌番号
21230078
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想