情と理 : カミソリ後藤田回顧録  上

後藤田正晴 述 ; 御厨貴 監修

中曽根内閣の官房長官で辣腕を振るい、歴代の政権にも隠然たる影響力を持った男・後藤田正晴-混乱する政局を舌鋒鋭く斬り、"カミソリ"の異名を取った彼の直言は、各界から幅広い支持を得てきた。そんな著者が自らの波瀾の人生を振り返った、貴重な戦後政官界の秘史が本書である。上巻は、軍隊時代から内務省、警視庁などを経て、警察庁長官、田中角栄内閣の官房副長官を歴任し、田中派議員として台頭するまでを収録している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人間の運勢を実感させられた軍隊時代-内務省入省、徴兵、そして敗戦
  • 第2章 人心の荒廃に日本の将来を悲観-内務省に復帰、警視庁へ
  • 第3章 警察の組織・人事の刷新に全力を注ぐ-内務省解体、そして警察予備隊創設
  • 第4章 いつ革命が起きても不思議ではなかった-血のメーデー、機動隊創設
  • 第5章 政治家の力と官僚の力-自治庁、自治省の時代
  • 第6章 警察人事はいかにして機能してきたか-警察庁へ戻る
  • 第7章 事件多発に最高責任者の孤独を-警察庁次長、そして長官
  • 第8章 田中内閣の政治指導の様式に明と暗-内閣官房副長官時代
  • 第9章 人間がまるで変わった二回の選挙-参院選、衆院選、ロッキード事件
  • 第10章 最大派閥・田中派内での仕事-新人議員として

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情と理 : カミソリ後藤田回顧録
著作者等 後藤田 正晴
御厨 貴
書名ヨミ ジョウ ト リ : カミソリ ゴトウダ カイコロク
書名別名 Jo to ri
シリーズ名 講談社+α文庫
巻冊次
出版元 講談社
刊行年月 2006.6
ページ数 439p
大きさ 16cm
ISBN 406281028X
NCID BA78119366
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21053519
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想