現代霊性論

内田樹, 釈徹宗 著

イマドキの暮らしに霊なんて関係ない?いいえ、人間の営みと"スピリチュアル"は切っても切れないものなんです。タブー、占い、カルトと霊のつながりとは。新宗教から靖國まで現代における宗教の役割とは何か。霊的であることは、畏れを知ること-内田氏と釈氏の掛け合いがグルービーな面白すぎる宗教漫談。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 霊って何だろう?
  • 第2章 名前は呪い?
  • 第3章 シャーマン、霊能者、カウンセラー-民間宗教者のお仕事
  • 第4章 スピリチュアル・ブームの正体
  • 第5章 日本の宗教性はメタ宗教にあり
  • 第6章 第三期・宗教ブーム-一九七五年起源説
  • 第7章 靖國問題で考える「政治と宗教」
  • 第8章 宗教の本質は儀礼にあり
  • 第9章 宗教とタブー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代霊性論
著作者等 内田 樹
釈 徹宗
書名ヨミ ゲンダイ レイセイロン
書名別名 Gendai reiseiron
シリーズ名 講談社文庫 う58-2
出版元 講談社
刊行年月 2013.4
ページ数 327p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-277516-8
NCID BB12400302
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22234913
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想