滝山コミューン一九七四(いちきゅうななよん)

原武史 著

郊外のマンモス団地の小学校を舞台に、自由で民主的な教育を目指す試みがあった。しかし、ひとりの少年が抱いた違和感の正体は何なのか。「班競争」「代表児童委員会」「林間学校」、逃げ場のない息苦しさが少年を追いつめる。30年の時を経て矛盾と欺瞞の真実を問う渾身のドキュメンタリー。講談社ノンフィクション賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序
  • 2 改革
  • 3 「水道方式」と「学級集団づくり」
  • 4 二つの自己
  • 5 代表児童委員会
  • 6 「P」と「T」の連合
  • 7 6年になる
  • 8 自由学園・多磨全生園・氷川神社
  • 9 林間学校前夜
  • 10 林間学校
  • 11 追求
  • 12 コミューンの崩壊

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 滝山コミューン一九七四(いちきゅうななよん)
著作者等 原 武史
書名ヨミ タキヤマ コミューン 1974
書名別名 滝山コミューン一九七四

Takiyama komyun 1974
シリーズ名 講談社文庫 は91-1
出版元 講談社
刊行年月 2010.6
ページ数 343p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-276654-8
NCID BB02424825
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21785587
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想