百寺巡礼  第3巻 (京都 1)

五木寛之 著

永遠の古都でありつつ、最も前衛的な都市でもある京都。権力者の欲と孤独を伝える金閣寺、懐深き南禅寺。「いのちの物語」をイメージさせる、浄瑠璃寺。あまりに有名な清水寺が教える、日本の寛容さ-。法然上人の教えを奉じ、親鸞聖人に勇気づけられる。知らなかったこの街のふしぎな魅力を、ともに。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第21番 金閣寺-目もくらむような亀裂に輝く寺
  • 第22番 銀閣寺-暗愁の四畳半でため息をつく将軍
  • 第23番 神護寺-二つの巨星が出会い、別れた舞台
  • 第24番 東寺-空海がプロデュースした立体曼荼羅
  • 第25番 真如堂-物語の寺に念仏がはじまる
  • 第26番 東本願寺-親鸞の思いが生きつづける大寺
  • 第27番 西本願寺-信じる力が生みだすエネルギー
  • 第28番 浄瑠璃寺-いのちの尊さを知る、浄瑠璃浄土
  • 第29番 南禅寺-懐深き寺に流れた盛衰の時
  • 第30番 清水寺-仏教の大海をゆうゆうと泳ぐ巨鯨

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 百寺巡礼
著作者等 五木 寛之
書名ヨミ ヒャクジ ジュンレイ
書名別名 京都

Hyakuji junrei
シリーズ名 講談社文庫
巻冊次 第3巻 (京都 1)
出版元 講談社
刊行年月 2008.11
ページ数 276p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-276191-8
NCID BA88095129
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21515098
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想