奇想天外・英文学講義 : シェイクスピアから「ホームズ」へ

高山宏 著

「魔術師シェイクスピア」「記録魔デフォー」「見世物狂キャロル」などなど。英文学の名作と、一見無関係に見える「その外部」に潜むものの不思議な関係とは?光学から哲学、博物学から観相術、さらには造園術から魔術思想まで、人も知る「超」英文学者が噂の講義力で、機略縦横、傍若無人の英文学しゃべりたおし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 シェイクスピア・リヴァイヴァル
  • 第2章 マニエリスム-驚異と断裂の美学
  • 第3章 「ファクト」と百科-ロビンソン・クルーソーのリアリズム
  • 第4章 蛇行と脱線-ピクチャレスクと見ることの快
  • 第5章 「卓」越するメディア-博物学と観相術
  • 第6章 「こころ」のマジック世紀末-推理王ホームズとオカルト
  • 第7章 子供部屋の怪物たち-ロマン派と見世物

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 奇想天外・英文学講義 : シェイクスピアから「ホームズ」へ
著作者等 高山 宏
書名ヨミ キソウ テンガイ エイブンガク コウギ : シェイクスピア カラ ホームズ エ
書名別名 Kiso tengai eibungaku kogi
シリーズ名 講談社選書メチエ 200
出版元 講談社
刊行年月 2000.10
ページ数 262p
大きさ 19cm
ISBN 4062582007
NCID BA4866156X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20117102
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想