「民都」大阪対「帝都」東京 : 思想としての関西私鉄

原武史 著

大阪。30年代まで人口、面積、経済すべてに「帝都」を圧した「民衆の都」。ターミナル・デパート、高級住宅地…。私鉄を中心に花開く市民の文化。しかし、昭和天皇の行幸を境に「帝国の秩序」が浸透し、人びとの心は変容する。権力の装置=「国鉄」と関西私鉄との葛藤を通し、「都市の自由」の可能性とその挫折を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 私鉄という文化装置
  • 第2章 「私鉄王国」の黎明
  • 第3章 「阪急文化圏」の成立
  • 第4章 昭和天皇の登場
  • 第5章 阪急クロス問題
  • 第6章 「帝都」としての大阪

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「民都」大阪対「帝都」東京 : 思想としての関西私鉄
著作者等 原 武史
書名ヨミ ミント オオサカ タイ テイト トウキョウ : シソウ ト シテノ カンサイ シテツ
書名別名 Minto oosaka tai teito tokyo
シリーズ名 講談社選書メチエ 133
出版元 講談社
刊行年月 1998.6
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 4062581337
NCID BA36179055
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99013344
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想