身体の零度 : 何が近代を成立させたか

三浦雅士 著

<私>をつくりだす源に、何があるのだろうか。泣きかた、笑いかた、行進、舞踏など人間の表情や動作に立ちむかい、身体へのまなざしの変容こそが、近代の起点であることを検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 亀裂
  • 第2章 加工
  • 第3章 表情
  • 第4章 動作
  • 第5章 軍隊
  • 第6章 体育
  • 第7章 舞踊

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 身体の零度 : 何が近代を成立させたか
著作者等 三浦 雅士
書名ヨミ シンタイ ノ レイド
書名別名 Shintai no reido
シリーズ名 講談社選書メチエ 31
出版元 講談社
刊行年月 1994.11
ページ数 284p
大きさ 19cm
ISBN 4062580314
NCID BN11614804
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95015736
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想