「場」とはなんだろう : なにもないのに波が伝わる不思議

竹内薫 著

電磁場、重力場、量子場と、現代物理は「場」の考えなしには成り立ちません。しかし、"物理がわかる"ための最初の難関が、この「場」の理解です。わかっているようで、実はよくわからない「場」を、巧みな比喩とファインマン図を使って、高校生でも納得できるように解説します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 137の謎
  • 第1章 梯子をはずされたマックスウェル
  • 第2章 量子のダンス
  • 第3章 ゴジラとくりこみ
  • 第4章 くりこみ理論
  • 第5章 アインシュタインの重力と指南車
  • エピローグ 電荷の隧道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「場」とはなんだろう : なにもないのに波が伝わる不思議
著作者等 竹内 薫
書名ヨミ バ トワ ナンダロウ : ナニ モ ナイノニ ナミ ガ ツタワル フシギ
書名別名 Ba towa nandaro
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 2000.11
ページ数 249, 3p
大きさ 18cm
ISBN 4062573105
NCID BA49237573
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20130351
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想