意識は科学で解き明かせるか : 脳・意志・心に挑む物理学

天外伺朗, 茂木健一郎 著

物質からできている脳に、なぜ「意志」が生じるのか?劇的な進歩をとげた近代科学に、立ちはだかる最後のハードプロブレム。人間は自らの脳で、この問題を解決することができるだろうか。21世紀の科学革命を予測する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「量子力学」が描く世界(近代科学の発展を振り返る
  • アインシュタインが口火を切った ほか)
  • 第2章 「隠された秩序」は存在するのか(「量子力学の不思議」-波動の重ね合わせ
  • 「量子力学」と哲学的世界 ほか)
  • 第3章 意識と脳科学(脳科学の現在
  • 記憶のメカニズム ほか)
  • 第4章 科学は心を解明できるか(「ツイスター」とはなにか
  • ツイスターで世界は記述できたか? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 意識は科学で解き明かせるか : 脳・意志・心に挑む物理学
著作者等 天外 伺朗
茂木 健一郎
書名ヨミ イシキ ワ カガク デ トキアカセルカ : ノウ イシ ココロ ニ イドム ブツリガク
書名別名 Ishiki wa kagaku de tokiakaseruka
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 2000.3
ページ数 197, 6p
大きさ 18cm
ISBN 4062572850
NCID BA45778935
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20052304
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想