黒い経済人 : 「政・官・財・暴」のマネーゲーム

有森隆, グループK 著

金の成るところには必ず人が群れる。政治家しかり、官僚しかり、財界人しかり、そして暴力団しかり。バブル崩壊後、表舞台から消えたかに見えた裏社会の大物たちが、またぞろ息を吹き返している。欲望という名の腐肉の中から生き返るゾンビのように-。「政・官・財・暴」の悪のカルテット(四重奏)はどのように形成され、それが結果的にどのような腐敗をもたらしているか。表社会と裏社会の癒着の構造に迫った書き下ろしノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヤミ金の帝王
  • 第2章 K‐1事件に闇の紳士登場-許永中人脈は死なず
  • 第3章 ゼネコン、腐食の構造
  • 第4章 黒い銀行
  • 第5章 金融無法地帯、和歌山
  • 第6章 あおぞら銀行、本間忠世はなぜ死んだか
  • 第7章 博打場と化した株式市場-米国不正会計事件の闇

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黒い経済人 : 「政・官・財・暴」のマネーゲーム
著作者等 グループK (2001年)
有森 隆
グループK
書名ヨミ クロイ ケイザイジン : セイ カン ザイ ボウ ノ マネーゲーム
書名別名 Kuroi keizaijin
シリーズ名 講談社+α文庫
出版元 講談社
刊行年月 2003.12
ページ数 284p
大きさ 16cm
ISBN 406256808X
NCID BA66774772
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20537322
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想