青春の終焉

三浦雅士 著

伝染病のように広がった青春という現象から三島、漱石、小林秀雄、ドストエフスキー、大宰らから滝沢馬琴へ遡り、村上龍、春樹まで世界の小説の"真相"を突き止めた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 青春の終焉
  • 恋愛の台本
  • ドストエフスキーの波紋
  • 歴史とカーニヴァル
  • 道化の逆説
  • 笑う近代
  • 女々しさの勁さ
  • 十九世紀日本文学
  • 馬琴の影
  • 故郷転生
  • 教養の幻想
  • 文化の皮肉
  • 大学の死
  • 急進と根源
  • 失うものは何もなかった…

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 青春の終焉
著作者等 三浦 雅士
書名ヨミ セイシュン ノ シュウエン
出版元 講談社
刊行年月 2001.9
ページ数 484p
大きさ 20cm
ISBN 4062107805
NCID BA53736249
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20204661
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想