恐妻家日記

金田浩一呂 著

恐妻家は処世術の達人。亭主関白よりも恐妻家の方がずっと楽だった、とほほ…哀愁の実体験的エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 高い家賃を払う五畳半の間借人
  • 恋愛でも見合いでもない「野合」結婚だった
  • 「親があっても子は育つ」のである
  • 父親は愛情にほだされてはならない
  • 役に立たなかった結婚前の誓約書
  • 思えば嵐の前の静けさだった頃
  • 亭主関白の血は脈々と流れていた
  • 「風呂」「メシ」「寝る」だけしゃべればいい
  • 万事要領の悪い「彼」だった
  • 亭主関白から恐妻家への道のり〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 恐妻家日記
著作者等 金田 浩一呂
書名ヨミ キョウサイカ ニッキ
書名別名 Kyosaika nikki
出版元 講談社
刊行年月 1996.3
ページ数 201p
大きさ 19cm
ISBN 4062058316
NCID BB16481317
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96046529
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想