坂口安吾と中上健次

柄谷行人 著

日本の怠惰な知性の伝統の中で、「事件」として登場した坂口安吾と中上健次。二人は近代文学の根源へ遡行しつつ、「自然主義」と「物語」の止揚を目指す。安吾は、自らを突き放すような他者性に文学の「ふるさと」を見出し、中上は、構造に還元することなく、歴史の現在性としての「路地」と格闘する。闘う知性としての安吾と中上を論じた74年から95年までの批評を集成した、伊藤整文学賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 坂口安吾をめぐって(『日本文化私観』論
  • 安吾、理性の狂気
  • 安吾はわれわれの「ふるさと」である ほか)
  • 2 中上健次をめぐって(「十九歳の地図」書評
  • 中上健次論抄
  • 中上健次への手紙 ほか)
  • 3 安吾と中上をめぐって-関井光男との対話(安吾の可能性
  • 闘争する知性と文学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 坂口安吾と中上健次
著作者等 柄谷 行人
書名ヨミ サカグチ アンゴ ト ナカガミ ケンジ
書名別名 Sakaguchi ango to nakagami kenji
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 2006.9
ページ数 412p
大きさ 16cm
ISBN 4061984527
NCID BA7838633X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21105788
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
解説 井口時男
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想