日本文学史早わかり

丸谷才一 著

古来、日本人の教養は詩文にあった。だから歴代の天皇は詞華集を編ませ、それが宮廷文化を開花させ日本の文化史を形づくってきたのだ。明治以降、西洋文学史の枠組に押し込まれてわかりにくくなってしまった日本文学史を、詞華集にそって検討してみると、どのような流れが見えてくるのか。日本文学史再考を通して試みる文明批評の一冊。詞華集と宮廷文化の衰微を対照化させた早わかり表付。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本文学史早わかり
  • 香具山から最上川へ
  • 歌道の盛り
  • 雪の夕ぐれ
  • 趣向について
  • ある花柳小説
  • 文学事典の項目二つ
  • 夷斎おとしばなし

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文学史早わかり
著作者等 丸谷 才一
書名ヨミ ニホン ブンガクシ ハヤワカリ
書名別名 Nihon bungakushi hayawakari
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 2004.8
ページ数 243p
大きさ 16cm
ISBN 4061983784
NCID BA68209101
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20653483
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想