文学人生案内

吉田健一 著

「暗夜行路」「雪国」など日本の名作七篇、および「赤と黒」「罪と罰」「チャタレイ夫人の恋人」などヨーロッパの名作九篇を取りあげて、文学の本質である「詩と真実」は、俗世間の道徳や知恵を超越しながらも、同時にそれらの源泉ともなっている消息を、独特の語り口で明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 文学に現れた男性像
  • 森鴎外の「雁」
  • 夏目漱石の「坊っちゃん」
  • 志賀直哉の「暗夜行路」
  • 武者小路実篤の「友情」
  • 川端康成の「雪国」
  • 横光利一の「旅愁」
  • 小林多喜二の「蟹工船」
  • シェイクスピアの「ハムレット」
  • モリエェルの「守銭奴」〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文学人生案内
著作者等 吉田 健一
書名ヨミ ブンガク ジンセイ アンナイ
書名別名 Bungaku jinsei annai
シリーズ名 現代日本のエッセイ
講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 1996.11
ページ数 221p
大きさ 16cm
ISBN 4061963953
NCID BN15486604
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97039449
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想