東西文学論・日本の現代文学

吉田健一 著

世界に冠たる古典を持つ日本文学が、鴎外、漱石、横光らの学んだ外国文学で如何に若返り、今日の文学が形成されたか、新しい文学への試みとは何か。「森鴎外のドイツ留学」「夏目漱石の英国留学」「中村光夫のフランス留学」(『東西文学論』)、「石川淳」「梶井基次郎」「小林秀雄」(『日本の現代文学』)等々、熟知の外国文学を鍵に現代作家に則して展開する"卓見"。既成の日本文学観を超えた鋭くも豊かな文学エッセイ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東西文学論・日本の現代文学
著作者等 吉田 健一
書名ヨミ トウザイ ブンガクロン ニホン ノ ゲンダイ ブンガク
書名別名 日本の現代文学

Tozai bungakuron nihon no gendai bungaku
シリーズ名 現代日本のエッセイ
講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 1995.11
ページ数 373p
大きさ 16cm
ISBN 4061963465
NCID BN13553777
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96021549
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想