日本文壇史  1 (開化期の人々)

伊藤整 著

同時代の文士や思想家、政治家の行動、「そのつながりや関係や影響を明らかにすることに全力をつくした」という菊池寛賞受賞の伊藤整畢生の明治文壇史・全十八巻の"1"。仮名垣魯文、福沢諭吉、鴎外、柳北、新島襄、犬養毅ら、各界のジャーナリズムを動かした人々。坪内逍遥の出現と、まだ自己の仕事や運命も知らずに行き合う紅葉、漱石等々を厖大な資料を渉猟しつつ生き生きと描写する人間物語。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文壇史
著作者等 伊藤 整
書名ヨミ ニホン ブンダンシ
書名別名 開化期の人々

Nihon bundanshi
シリーズ名 回想の文学
講談社文芸文庫
巻冊次 1 (開化期の人々)
出版元 講談社
刊行年月 1994.12
ページ数 333, 11p
大きさ 16cm
ISBN 4061963007
NCID BN11840723
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95031196
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想