愛と別れ : 世界の小説のヒロインたち

瀬戸内寂聴 著

上流社会の人妻が、情熱の激しさ故に道を誤ったアンナ・カレーニナ、快楽だけを求めた不実で可憐なマノン・レスコー、男の自然なやさしさによって、本能的性愛を知ったチャタレイ夫人、内なる暗い秘密を抱えて、夫殺しを図るテレーズ・デスケルー等、世界の文学に現れた多彩な恋愛と人生を語る、好読物。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 不倫の恋に殉じた悲劇の女-トルストイ「アンナ・カレーニナ」
  • 男を罪に誘う官能の女-フローベル「ボヴァリー夫人」
  • 純真無垢ゆえに落魄する女-モーパッサン「女の一生」
  • 不実で可憐、純情で不貞な女-アベ・プレヴェー「マノン・レスコー」
  • 優しい性愛の深淵で安らぎを得た女-ロレンス「チャタレイ夫人の恋人」
  • 歓楽の生活を捨て真実の恋に死ぬ女-デュマ・フィス「椿姫」
  • 此の世ならぬ狂気の愛に憑かれた女-エミリイ・ブロンテ「嵐が丘」
  • 地上的肉欲を拒み不可能な恋に死ぬ女-アンドレ・ジッド「狭き門」
  • 男の情熱と野心に征服される貞淑な女-スタンダール「赤と黒」
  • 献身的に愛しすぎて男に疎まれた女.コンスタン「アドルフ」
  • 情熱のない性愛の無意味にめざめる女-マルグリット・デュラス「モデラート・カンタービレ」
  • 鳥篭の中の生を拒み自由を求めて飛ぶ女-トルーマン・カポーティ「ティファニーで朝食を」
  • 反抗の夏が過ぎて悲しみに残された少女-フランソワーズ・サガン「悲しみよ、こんにちは」
  • 女蕩らしの男を真の恋に生きさせる女-チェーホフ「犬を連れた奥さん」
  • 不思議な情熱に誘われ夫を殺そうとする女-モーリヤック「テレーズ・デスケルー」
  • 25歳年下の青年と愛欲の生活に溺れる女-コレット「シェリ」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 愛と別れ : 世界の小説のヒロインたち
著作者等 瀬戸内 寂聴
書名ヨミ アイ ト ワカレ
シリーズ名 講談社文庫
出版元 講談社
刊行年月 1990.5
ページ数 344p
大きさ 15cm
ISBN 4061846760
全国書誌番号
90038137
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想