私という現象

三浦雅士 著

文学も実人生も虚構であることに変わりはない。事実そのものがすでに操作されたものなのだ。私をひとつの現象と見なす考え方は、文学作品の質を、それが事実に基づくかいなかによって判断しようとする立場を無効にする…。「自我の崩壊」ということ自体が主題となった現代文学の困難を的確に解説、「現象としての自己」の様々なありようを、物語の終焉を体現する作家達を通して考察した第一評論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 批評、または私という現象
  • 文学の終焉-自己表出の行方
  • 芸術の転換、または方法としての演劇
  • 大岡信、あるいは祝祭のための劇場
  • 入沢康夫、あるいはなぜ詩は怒りか
  • 谷川俊太郎と沈黙の神話
  • サイエンス・フィクション、または隠れたる神
  • 筒井康隆と自意識の遊戯
  • 金井美恵子、または物語の作者と作者の物語
  • 那珂太郎と山口昌男、または祝祭としての虚無
  • 修辞的なこだわり、または吉岡実への助走
  • 小島信夫と田中小実昌、または反転する文学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私という現象
著作者等 三浦 雅士
書名ヨミ ワタクシ ト ユウ ゲンショウ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1996.10
ページ数 273p
大きさ 15cm
ISBN 4061592505
NCID BN15141340
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97006415
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想