わざとらしさのレトリック : 言述のすがた

佐藤信夫 著

夏目漱石、小林秀雄、井上ひさし、筒井康隆、ロラン・バルトらの散文表現を素材にして独自の言語理論を展開。佐藤レトリック学の「実践篇」の位置を占める会心作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 夏目漱石のばあい
  • 2 言語という制度と表現者たち
  • 3 井上ひさしのばあい
  • 4 筒井康隆のばあい
  • 5 レトリックとノンセンス
  • 6 ロラン・バルトのばあい

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わざとらしさのレトリック : 言述のすがた
著作者等 佐藤 信夫
書名ヨミ ワザトラシサ ノ レトリック
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1994.11
ページ数 309p
大きさ 15cm
ISBN 4061591509
NCID BN11567839
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95017602
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想