「ファインマン物理学」を読む : 力学と熱力学を中心として

竹内薫 著

[目次]

  • 第1章 時間+空間+力=力学(力学ことはじめ
  • エネルギーと腕白デニス
  • ステヴィヌスの墓銘 ほか)
  • 第2章 熱力学の存在意義(マクロの熱力学はミクロの統計力学に「還元」できるか
  • 指数関数が登場する理由
  • レーザーの原理 ほか)
  • 第3章 ファインマンの知恵袋-ミセレーニア(磁性
  • 未来からくる波?
  • レイノルズ数は特撮の原理なり ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「ファインマン物理学」を読む : 力学と熱力学を中心として
著作者等 竹内 薫
講談社サイエンティフィク
書名ヨミ ファインマン ブツリガク オ ヨム : リキガク ト ネツリキガク オ チュウシン ト シテ
書名別名 Fainman butsurigaku o yomu
出版元 講談社
刊行年月 2005.5
ページ数 173p
大きさ 21cm
ISBN 4061532561
NCID BA71953431
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20778608
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想