「死霊」から「キッチン」へ

川西政明 著

戦後50年、日本文学は何を表現してきたか。埴谷雄高、武田泰淳、大岡昇平ら戦後の廃墟に登場した文学者の活躍から、大江健三郎を経て、村上春樹、村上龍、吉本ばななの新世代に至るまで、多彩・多様な表現を生みだした作家と作品の世界を眺望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 全肯定者と全否定者-戦後文学の出発
  • 第2章 新しい土地と苦しむ女達
  • 第3章 大江健三郎の世界
  • 第4章 世界に向かって撃て-安部公房から中上健次まで
  • 第5章 女流の時代-大庭みな子から松浦理英子まで
  • 第6章 春樹、龍、ばななから始まる-二十一世紀に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「死霊」から「キッチン」へ
著作者等 川西 政明
書名ヨミ シリョウ カラ キッチン エ
書名別名 日本文学の戦後50年
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1995.9
ページ数 240p
大きさ 18cm
ISBN 4061492705
NCID BN13149589
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96010113
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想