神風と悪党の世紀 : 南北朝時代を読み直す

海津一朗 著

蒙古襲来を機に高揚する、神国思想。各地で進む、寺社・荘園の再建、聖地回復の民衆運動と、排除された者たち。時代の変革願望がもたらした、後醍醐天皇の「新儀」とは。鎌倉末から南北朝へと続く、動乱の世紀を活写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 異国の要求
  • 第2章 神国の誕生
  • 第3章 悪党の烙印
  • 第4章 徳政と伊勢神道
  • 第5章 荘園社会の危機
  • 第6章 後醍醐天皇の専制
  • 終章 神国日本の行方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神風と悪党の世紀 : 南北朝時代を読み直す
著作者等 海津 一朗
書名ヨミ カミカゼ ト アクトウ ノ セイキ
書名別名 Kamikaze to akuto no seiki
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1995.3
ページ数 215p
大きさ 18cm
ISBN 4061492438
NCID BN1226030X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95044988
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想