生きることと読むことと

中野孝次 著

忘れられない本がある。生きる励ましとなり、心の支えともなる本がある。自分にとって本当に必要な本といかにして出会うか。読書の醍醐味を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 元気が衰えたときに読む本
  • 読書にスタンダードはない、ということ
  • 気に入った著者のものは全部読め、という説
  • 書物の中には人生が刻まれている
  • 人間を学ぶとはどういうことか
  • 時代を映す鏡としての本
  • ぼくを日本の現実に出会わせた本
  • 危機の救済者として現れた本
  • 自己の根っことしての日本の古典
  • 言葉の力強さに生き続ける古典
  • 自分にとって無縁な本、有縁な本
  • 青春の養いとしての西欧文学
  • こころの礎となった「西洋」の古典
  • 若者を励まし、力づけ、危機を救う読書
  • 漱石の愛した東洋の「風流」というもの
  • 結局、読書とは何か?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生きることと読むことと
著作者等 中野 孝次
書名ヨミ イキル コト ト ヨム コト ト
書名別名 「自己発見」の読書案内

Ikiru koto to yomu koto to
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1994.2
ページ数 194p
大きさ 18cm
ISBN 406149192X
NCID BN10400929
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94031709
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想