オスマン帝国 : イスラム世界の「柔らかい専制」

鈴木董 著

西欧人の見た「残虐な征服者」は、西欧をはるかにこえる先進国だった。羊飼いでも大臣になれる開放的な社会。キリスト教世界で迫害されたユダヤ難民を受け入れた宗教的寛容性。多民族・多宗教の超大国を支えた「柔らかい専制」の秘密に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 「トルコの脅威」の虚像
  • 1 戦士集団から国家へ
  • 2 コンスタンティノープルの攻防
  • 3 イスラム=共存の知恵
  • 4 イスラム的世界帝国への道
  • 5 「壮麗者」スレイマンの光輝
  • 6 「組織の帝国」の伝説
  • 7 人材吸収・養成のシステム
  • 8 超大国の曲り角

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オスマン帝国 : イスラム世界の「柔らかい専制」
著作者等 鈴木 董
書名ヨミ オスマン テイコク
書名別名 Osuman teikoku
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1992.4
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 4061490974
NCID BN07491755
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92040203
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想