タテ社会の人間関係 : 単一社会の理論

中根千枝 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき / p3
  • 1 序論 / p11
  • <1>日本の社会を新しく解明する
  • <2>「社会構造」の探求
  • 2 「場」による集団の特性 / p27
  • <1>集団分析のカギ-「資格」と「場」
  • <2>「場」を強調する日本の社会
  • <3>成員の全面的参加
  • <4>家族ぐるみの雇用関係
  • <5>「ウチの者」「ヨソ者」意識
  • <6>直接接触的な人間関係
  • <7>単一社会
  • 3 「タテ」組織による序列の発達 / p69
  • <1>構造分析のカギ-「タテ」「ヨコ」の関係
  • <2>序列偏重の背後関係
  • <3>中国・インド・チベットとの比較
  • <4>イギリス・アメリカとの比較
  • 4 「タテ」組織による全体像の構成 / p93
  • <1>対立ではなく並立の関係
  • <2>人間平等主義
  • <3>過当競争による弊害
  • <4>ワン・セット構成と政治組織の発達
  • 5 集団の構造的特色 / p113
  • <1>集団の内部構造
  • <2>日本的集団の弱点と長所
  • <3>必然的な派閥関係
  • 6 リーダーと集団の関係 / p135
  • <1>制約されるリーダーシップ
  • <2>権威主義と平等主義の力関係
  • <3>リーダーの資格
  • 7 人と人との関係 / p157
  • <1>契約精神の欠如
  • <2>相対的価値観の支配
  • <3>論理よりも感情が優先
  • 終わりに / p184

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 タテ社会の人間関係 : 単一社会の理論
著作者等 中根 千枝
書名ヨミ タテ シャカイ ノ ニンゲン カンケイ : タンイツ シャカイ ノ リロン
書名別名 Tate shakai no ningen kankei
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1967
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-115505-3
NCID BN01337005
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67000448
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想