天正壬午の乱 : 本能寺の変と東国戦国史

平山優 著

「天正壬午」とは、「天正十年」の意味である。この年は激動の戦国時代の中でも、特に大事件が目立つ。まず、強大な勢力を誇った武田氏が滅亡する。続いて、天下布武目前の織田信長が、本能寺の露と消える。さらに信長の後継をめぐって、織田家中で明智光秀、羽柴秀吉、柴田勝家らが激突する。その間、他の大名たちは何をしていたのだろうか?領主の武田勝頼・織田信長が立て続けに没し、空白地と化した甲斐・信濃・上野に徳川家康・北条氏直・上杉景勝が兵を進める。この東国大名の争いが「天正壬午の乱」である。この争いには、秀吉の天下統一を許すこととなった萌芽や、家康の飛躍に繋がる契機が内包される。本書は戦国時代の天下の帰趨を見極める上で、原点とも言うべき「天正壬午の乱」を丹念に描いたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 天正壬午の乱とはなにか
  • 第1章 武田勝頼滅亡と本能寺の変
  • 第2章 各勢力、動き出す
  • 第3章 三者鼎立
  • 第4章 戦乱終結へ
  • おわりに 戦国史のなかの天正壬午の乱

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天正壬午の乱 : 本能寺の変と東国戦国史
著作者等 平山 優
書名ヨミ テンショウ ジンゴ ノ ラン : ホンノウジ ノ ヘン ト トウゴク センゴクシ
書名別名 Tensho jingo no ran
出版元 学研パブリッシング : 学研マーケティング
刊行年月 2011.3
ページ数 337p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-05-404840-9
NCID BB05274015
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21899456
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想