『赤毛のアン』と花子

村岡恵理 文 ; 布川愛子 絵

カナダの作家、ルーシー・モード・モンゴメリの書いた『赤毛のアン』を読んだことがありますか?赤毛でやせっぽちのアンという女の子が、元気に生きていく物語です。この作品を、初めて日本にしょうかいしたのが、村岡花子です。花子は、子どもたちに、夢や希望を持ってほしいと、美しい物語を日本語にして、届け続けました。アンからの言葉に、勇気をもらいながら。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 あこがれのミッション・スクールへ
  • 第2章 学校が教えてくれたこと
  • 第3章 花子、先生になる
  • 第4章 新しい生活のはじまり
  • 第5章 アンとの出会い
  • 第6章 勇気を持って曲がり角をまがる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『赤毛のアン』と花子
著作者等 布川 愛子
村岡 恵理
書名ヨミ アカゲ ノ アン ト ハナコ : ホンヤクカ ムラオカ ハナコ ノ モノガタリ
書名別名 翻訳家・村岡花子の物語
シリーズ名 ヒューマンノンフィクション
出版元 学研教育 : 学研マーケティング
刊行年月 2014.3
ページ数 207p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-05-203962-1
NCID BB15355893
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22377578
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想