「応援したくなる企業」の時代 : マーケティングが通じなくなった生活者とどうつき合うか

博報堂ブランドデザイン 著

戦後復興期以降、企業が主導した「正」の時代。バブル崩壊以降、生活者が主導した「反」の時代。その両極がやりつくされたいま、日本経済はこれまで経験したことのない「合」の時代をついに迎えようとしている。そこで生き残るのは「応援したくなる企業」。多業種にかかわる広告会社だからこそわかる「つぎの企業像」をあきらかにした1冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに ブランディングという仕事を通じて見えてきたもの
  • 第0章 "買わない"のは本当に不景気のせいか
  • 第1章 「ターゲットにモノを売る」というまちがい-「ターゲット発想」から「コミュニティ発想」へ
  • 第2章 「差別化のポイントはどこ?」という不見識-「シェアアプローチ」から「新市場創造アプローチ」へ
  • 第3章 「ニーズはなんだ?」と問うあやまち-「ベネフィット訴求型」から「スピリッツ共感型」へ
  • 第4章 「勘でものをいうな」がもたらす損失-「論理、言語重視」から「文脈、非言語重視」へ
  • 第5章 「どんなアウトプットが得られるんだ?」と問う不利益-「ソリッドプロセス」から「フレキシブルプロセス」へ
  • 第6章 「下から意見が出ない」という勘ちがい-「管理型組織」から「共創型組織」へ
  • 第7章 「仕事にプライベートをもち込むな」という非常識-「公私分離」から「公私混同」へ
  • 第8章 「応援したくなる企業」の時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「応援したくなる企業」の時代 : マーケティングが通じなくなった生活者とどうつき合うか
著作者等 博報堂
博報堂ブランドデザイン
書名ヨミ オウエンシタクナル キギョウ ノ ジダイ : マーケティング ガ ツウジナクナッタ セイカツシャ ト ドウ ツキアウカ
書名別名 Oenshitakunaru kigyo no jidai
シリーズ名 アスキー新書 187
出版元 アスキー・メディアワークス : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2011.6
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-04-870373-4
NCID BB06346166
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21946145
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想