太平洋戦争、七つの謎 : 官僚と軍隊と日本人

保阪正康 著

開戦、特攻作戦、敗戦そして本土決戦…あの戦争に官僚たちがはたした役割とは何か。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 誰が開戦を決めたのか?
  • 第2章 戦時下の国民は戦争をどう捉えていたのか?
  • 第3章 山本五十六はなぜ前線に行って死んだのか?
  • 第4章 なぜ人を武器にする戦略が生まれたのか?
  • 第5章 日本の軍事指導者たちの敗戦の理由
  • 第6章 誰が終戦を決めたのか?
  • 第7章 もし本土決戦が行われていたらどうなっていたのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太平洋戦争、七つの謎 : 官僚と軍隊と日本人
著作者等 保阪 正康
書名ヨミ タイヘイヨウ センソウ 7ツ ノ ナゾ : カンリョウ ト グンタイ ト ニホンジン
書名別名 Taiheiyo senso 7tsu no nazo
シリーズ名 角川oneテーマ21 B-128
出版元 角川書店 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2009.12
ページ数 191p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-04-710222-4
NCID BB00387127
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21706293
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想