仮想戦争の終わり

土屋大洋 監修

国境なきネットワークが新たな戦場となる。国家、企業から個人まで、"情報防衛"最前線!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 変容するサイバーセキュリティ(仮想戦争の終わり
  • サイバー攻撃と防御の基礎
  • 制御システムのセキュリティ-重要インフラの制御システムを狙うサイバー攻撃にいかに対処するか
  • サイバー攻撃の主体とサイバー防衛のための人材育成のあり方
  • サイバー犯罪とは何か-その実態と対応
  • サイバーセキュリティと通信の秘密)
  • 第2部 サイバーセキュリティの国際安全保障(歴史的観点から見た戦前の日米情報戦
  • サイバー戦争と国際法
  • サイバー戦争とその抑止
  • サイバーセキュリティの国際連携と信頼醸成措置)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仮想戦争の終わり
著作者等 名和 利男
四方 光
土屋 大洋
坂 明
小宮山 功一朗
川口 貴久
新 誠一
早貸 淳子
林 紘一郎
橋本 靖明
河野 桂子
蓑原 俊洋
西本 逸郎
角川学芸出版
書名ヨミ カソウ センソウ ノ オワリ : サイバー センソウ ト セキュリティ
書名別名 サイバー戦争とセキュリティ
シリーズ名 角川インターネット講座 / 村井純, 伊藤穰一, 川上量生, まつもとゆきひろ 代表監修 13
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2014.12
ページ数 347p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-04-653893-2
NCID BB1756360X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22521745
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想