ネットが生んだ文化 (カルチャー)

川上量生 監修

これからの日本を支配するネット住民の行動原理とは?非リア・コピー・炎上・嫌儲の4キーワードを理解せよ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本のネット文化と精神風土(ネットがつくった文化圏
  • 日本のネットカルチャー史
  • ネットの言論空間形成)
  • 第2部 ネット文化を支配する原理(リア充対非リアの不毛な戦い
  • 炎上の構造-100年後も1000年後も、どこかで誰かが燃えている
  • 祭りと血祭り-炎上の社会学
  • 日本文化にみるコピペのルール
  • リア充/非リア充の構造)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ネットが生んだ文化 (カルチャー)
著作者等 ばるぼら
仲正 昌樹
伊藤 昌亮
佐々木 俊尚
小野 ほりでい
山田 奨治
川上 量生
荻上 チキ
書名ヨミ ネット ガ ウンダ ブンカ (カルチャー) : ダレ モ ガ ヒョウゲンシャ ノ ジダイ
書名別名 ネットが生んだ文化

誰もが表現者の時代
シリーズ名 角川インターネット講座 / 村井純, 伊藤穣一, 川上量生, まつもとゆきひろ 代表監修 04
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2014.10
ページ数 265p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-04-653884-0
NCID BB17030175
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22493253
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想