広島今昔散歩

原島広至 著

明治・大正・昭和初期の絵はがきや古写真を通して、広島の古き良き時代の街並を眺めることができる一冊!広島市内のみならず、鎮守府のあった呉、霧の海で有名な三次、文学の町・尾道など各地も紹介。広島の散歩や観光に便利なカラーの文庫本。『東京今昔散歩』『横浜今昔散歩』『大阪今昔散歩』等に続く、シリーズ第8弾!!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 広島の歴史
  • 広島城
  • 原爆ドーム・相生橋
  • 平和記念公園・元安橋
  • 紙屋町・八丁堀
  • 広島駅・縮景園
  • 鯉城通り・加古町
  • 比治山
  • 広島港・七つの川
  • 厳島(宮島)
  • 呉・江田島
  • 郡山城跡・三段峡
  • 尾道・福山・鞆の浦
  • 三次・帝釈峡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 広島今昔散歩
著作者等 原島 広至
書名ヨミ ヒロシマ コンジャク サンポ : サイシキ エハガキ コチズ カラ ナガメル
書名別名 彩色絵はがき・古地図から眺める
シリーズ名 中経の文庫 は-5-9
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2014.7
ページ数 223p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-600374-4
NCID BB17143218
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22447163
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想