日本論

佐高信, 姜尚中 著

エリートたちが築いた「中央」は、内では保守層を含めた「地方」を切り捨て、外では北東アジアでの孤立を深めようとしている。パトリア=郷土の観点から見えてくる「愛国」の本質と、格差社会の進行から危惧されるこの国の行方。政治、思想、文学と、不屈の評論家と気鋭の政治学者が縦横に「日本」を論じた話題の書に、新たな語り下ろしと「精神の鎖国主義をどう脱却するか」を加えて文庫化。旺盛な批判精神で「日本」を読み解く待望の増補版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 語り下ろし 『愛国の作法』をめぐって
  • 第1章 日本思想論
  • 第2章 日本文学とアジア
  • 第3章 日本の政治を徹底批判する
  • 第4章 国を超える新たな「公」へ-公開討議より
  • 終章 精神の鎖国主義をどう脱却するか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本論
著作者等 佐高 信
姜 尚中
書名ヨミ ニホンロン
書名別名 Nihonron
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2007.2
版表示 増補版.
ページ数 253p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-377505-7
NCID BA81369168
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21198690
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想