日本の選択  2 (魔都上海十万の日本人)

NHK取材班 編

中国の経済の中心地-上海にあった共同租界に、十万人を超える日本人が居住したという。当時、日本人にとって上海は、パスポートなしで行ける一番身近な国際都市であり、ヨーロッパ列強と拮抗して、大陸を窺う橋頭堡でもあった。中国侵攻を拡大する日本に対して、不平等条約撤廃を叫ぶ中国民族主義の擡頭。坩堝のような上海。権謀と欲望の巷で出会った日中両国の知識人-魯迅と内山完造の短くも厚い交誼。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 上海共同租界
  • 2 中国ナショナリズムの勃興
  • 3 日中の絆
  • 4 訣別のとき

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の選択
著作者等 日本放送協会
日本放送協会取材班
NHK取材班
書名ヨミ ニホン ノ センタク
書名別名 魔都上海十万の日本人

Nihon no sentaku
シリーズ名 角川文庫
巻冊次 2 (魔都上海十万の日本人)
出版元 角川書店
刊行年月 1995.5
ページ数 226p
大きさ 15cm
ISBN 4041954045
NCID BA4945897X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95056536
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想