鬼談

京極夏彦 [著]

藩の剣術指南役・桐生家に生まれた作之進には、右腕がない。元服の夜、父は厳かに言った。「お前の腕を斬ったのは儂だ」。一方、柔らかで幸福な家庭で暮らす"私"は何故か、弟を見ていると自分の中に真っ黒な何かが涌くのを感じていた。ある日、私は見てしまう。幼い弟の右腕を掴み、表情のない顔で見下ろす父を。過去と現在が奇妙に交錯する「鬼縁」ほか、情欲に囚われ"人と鬼"の狭間を漂う者たちを描いた、京極小説の神髄。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鬼談
著作者等 京極 夏彦
書名ヨミ キダン
シリーズ名 角川文庫 き26-65
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2018.2
ページ数 254p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-105737-7
NCID BB26831481
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23017699
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
鬼交 京極 夏彦
鬼情-上田秋成 雨月物語・青頭巾より 京極 夏彦
鬼想-八百人の子供の首を斬り落とさなければならぬ程。 京極 夏彦
鬼慕-上田秋成 雨月物語・吉備津の釜より 京極 夏彦
鬼景 京極 夏彦
鬼棲 京極 夏彦
鬼気 京極 夏彦
鬼神 京極 夏彦
鬼縁 京極 夏彦
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想