米国人弁護士だから見抜けた日本国憲法の正体

ケント・ギルバート [著]

安倍首相がロードマップを引いたことで、憲法改正は国民にとって最大の争点となるだろう。日本人よりも日本の歴史と政情に精通した米国人弁護士が、日本国憲法の出生秘話や世界の憲法事情を踏まえて改憲論争の核心を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 いまだに蔓延る日本国憲法の勘違い
  • 第1章 東アジアの国際情勢を直視せよ
  • 第2章 知られざる憲法出生の秘密を暴く
  • 第3章 海外憲法が教える憲法改正の本質
  • 第4章 改正反対を語る人たちの嘘を論破する
  • 終章 私の愛する日本を守り抜くために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 米国人弁護士だから見抜けた日本国憲法の正体
著作者等 Gilbert, Kent Sidney
ギルバート ケント
書名ヨミ ベイコクジン ベンゴシ ダカラ ミヌケタ ニホンコク ケンポウ ノ ショウタイ
シリーズ名 角川新書 K-143
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2017.6
ページ数 229p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-04-082163-4
NCID BB23789800
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22922413
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想