京都ぎらい

井上章一 著

あなたが旅情を覚える古都のたたずまいに、じっと目を凝らせば…。気づいていながら誰もあえて書こうとしなかった数々の事実によって、京都人のおそろしい一面が鮮やかに浮かんでくるにちがいない。洛外に生まれ育った著者だから表現しうる京都の街によどむ底知れぬ沼気(しょうき)。洛中千年の「花」「毒」を見定める新・京都論である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 洛外を生きる(京都市か、京都府か
  • さまざまな肥やし ほか)
  • 2 お坊さんと舞子さん(芸者か、芸子か
  • 呉服と映画の時代は、すぎさって ほか)
  • 3 仏教のある側面(北山の大伽藍
  • 写真とイラスト ほか)
  • 4 歴史のなかから、見えること(皇居という名の行在所
  • 京都で維新を考える ほか)
  • 5 平安京の副都心(嵯峨、亀山、小倉山
  • 南朝の夢の跡 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 京都ぎらい
著作者等 井上 章一
書名ヨミ キョウトギライ
書名別名 Kyotogirai
シリーズ名 朝日新書 531
出版元 朝日新聞
刊行年月 2015.9
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273631-4
NCID BB19494428
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22643745
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想