将棋から学んできたこと

羽生善治 著

つねに将棋界をリードし続ける「天才」羽生善治が、これからの道を歩む若い人に向けて語った「力を伸ばすプロセス」「決断の下し方」「挑戦する姿勢」「正解なき道の歩み方」「才能より大事なこと」など珠玉のメッセージ。親子で読む本としても最適な一冊!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 棋士になるまで(将棋との出会い
  • クラスでも将棋は人気 ほか)
  • 第2章 日本で将棋は面白くなった(将棋の起源「チャトランガ」
  • 各国に特有の「将棋」 ほか)
  • 第3章 知識から知恵へ(勝利を導く四つのプロセス
  • 経験が常にプラスになるとはかぎらない ほか)
  • 第4章 子どもたちから一問一答(縁起
  • 羽生vs.スーパーコンピュータ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 将棋から学んできたこと
著作者等 羽生 善治
書名ヨミ ショウギ カラ マナンデ キタ コト : コレカラ ノ ミチ オ アルク キミ エ
書名別名 これからの道を歩く君へ

Shogi kara manande kita koto
シリーズ名 朝日文庫 は44-1
出版元 朝日新聞
刊行年月 2017.1
ページ数 210p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-02-261888-7
NCID BB22899257
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22839599
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想