援交から天皇へ

宮台真司 著

援助交際からナショナリズムまで。縦横無尽に行き来を続ける宮台真司の、世紀をまたいだ思考の集成!!小説やマンガ、写真集等に収録される"解説"というメディアを占拠し、同時多発的に展開される国家、郊外、風俗論…。異色の形式で迫る評論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 国家論
  • 2 郊外論
  • 3 自意識克服・タフネス獲得系
  • 4 性・宗教論
  • 5 サブカルチャー論
  • 6 宮台真司スピークス・ミヤダイ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 援交から天皇へ
著作者等 宮台 真司
書名ヨミ エンコウ カラ テンノウ エ
書名別名 援交から革命へ

Enko kara tenno e
シリーズ名 朝日文庫
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2002.11
ページ数 383p
大きさ 15cm
ISBN 4022613920
NCID BA59734585
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20332714
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想