天才論 : ダ・ヴィンチに学ぶ「総合力」の秘訣

茂木健一郎 著

レオナルド・ダ・ヴィンチだけではない。天才はみんな万能だ。あらゆる事象に豊かな好奇心を抱き、膨大な情報の思いもよらない組み合わせを見つけ出して、凡人には「ひらめき」としか表現できない発想をする人物を、人は「天才」と呼ぶ。「ひらめき」は単なる突飛な思いつきではなく、世界に対する人並みはずれた深い理解に支えられたものだ。そのような理解に基づいて、天才は、蓄積された知の遺産から、生きることの真髄を導き出し、私たちに示してくれる。天才に憧れる私たちに、天才への道は開かれているのだろうか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-レオナルドという謎
  • 1 レオナルドとその時代
  • 2 描く人
  • 3 絵画という発明
  • 4 天才はみんな万能である
  • 5 「見る」ことは「わかる」こと
  • 6 脳は学び依存症
  • むすび

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天才論 : ダ・ヴィンチに学ぶ「総合力」の秘訣
著作者等 茂木 健一郎
書名ヨミ テンサイロン : ダ ヴィンチ ニ マナブ ソウゴウリョク ノ ヒケツ
書名別名 Tensairon
シリーズ名 朝日選書 818
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2007.3
ページ数 140p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-259918-6
NCID BA81141024
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21212296
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想