もっとも危険な読書

高橋源一郎 著

スリル、緊張、集中、恐怖に近い感情の揺れ。やがて世界が一変する。静かで単調な表面の奥に、そんななにかを隠した本を読んでみたい。-読書の快楽を通して人と時代の機微をとらえた129篇のエッセ・クリティーク。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『こころ』の「私」とは誰か?
  • 凡庸な芸術家の温泉めぐり
  • 暗い葦の茂みの向こうから
  • 乙女の祈り、てゆーか
  • 父の死
  • アウトブリード
  • 東京の妖怪
  • 思想に関するエトセトラ
  • 心に爆弾、唇にうた
  • 死神のコーナーキック〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 もっとも危険な読書
著作者等 高橋 源一郎
書名ヨミ モットモ キケンナ ドクショ
書名別名 Mottomo kikenna dokusho
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2001.4
ページ数 399p
大きさ 19cm
ISBN 4022576308
NCID BA51412916
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20164840
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想