三つの鏡 : ミヒャエル・エンデとの対話

ミヒャエル・エンデ ほか著

『モモ』『はてしない物語』の作者と語りあう心に残る真実の言葉。1989年春、ミヒャエル・エンデは、父親の画家、故エトガー・エンデとの「エンデ父子展」オープニング出席のため3度目の来日をした。本書はその折、エンデが『朝日ジャーナル』誌の求めで行なった連続対談の全容である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 子孫にしかける戦争-ミヒャエル・エンデ+井上ひさし
  • 黒い紙の上に描く画家-ミヒャエル・エンデ+安野光雅
  • 「普遍的な父」との闘い-ミヒャエル・エンデ+河合隼雄
  • エトガー&ミヒャエル・エンデ年譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 三つの鏡 : ミヒャエル・エンデとの対話
著作者等 Ende, Michael
子安 美知子
井上 ひさし
安野 光雅
河合 隼雄
エンデ ミヒャエル
書名ヨミ ミッツ ノ カガミ
書名別名 Mittsu no kagami
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1989.11
ページ数 188p
大きさ 19cm
ISBN 402256086X
NCID BN04183316
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90011198
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「普遍的な父」との闘い 河合隼雄
子孫にしかける戦争 井上ひさし
黒い紙の上に描く画家 安野光雅
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想