橋本治という考え方 : What kind of fool am I

橋本治 著

小説のあり方を少し考えた。ドラマは「風景」の中にある。アンゲロプロス、小津安二郎の映画に「風景」のドラマを見出し、二葉亭四迷、田山花袋、樋口一葉、谷崎潤一郎から小説家の内奥に潜むドラマを発見する。本をめぐる環境から、橋本流の創作術、近代文学成立の謎まで-小説をめぐる状況をラディカルに編みかえる本格的な文学エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「なにも知らない」からのスタート
  • 「上司は思いつきでしかものを言わないからな」と思っていた頃
  • 「風景」について
  • ほんのちょっとだけの近代文学史
  • 再び「風景」について
  • 閑話休題
  • 人は哀しや

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 橋本治という考え方 : What kind of fool am I
著作者等 橋本 治
書名ヨミ ハシモト オサム ト イウ カンガエカタ : What kind of fool am I
書名別名 Hashimoto osamu to iu kangaekata
出版元 朝日新聞
刊行年月 2009.4
ページ数 238p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-02-250570-5
NCID BA89626071
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21583774
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想