セゾン文化は何を夢みた

永江朗 著

二十代の日々をセゾングループの一員として過ごした著者による"あの時代"のカルチャークロニクル。私たちは、何を得て、何を失ったのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • セゾン系にはじまる-一九八一年春に私が経験したこと
  • 1 アール・ヴィヴァン-芦野公昭に訊いて思い出したこと
  • 2 リブロ-中村文孝を訪ねて気づいたこと
  • 3 セゾン美術館-難波英夫に聞いて知ったこと
  • 4 無印良品-小池一子と会って思ったこと
  • 5 セゾンの子として-小沼純一と話して感じたこと
  • 6 西武百貨店文化事業部-紀国憲一を取材して見つけたこと
  • 7 セゾン文化とは何だったのか-堤清二と軽井沢で再会して分かったこと
  • 時代精神の根據地として(堤清二)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 セゾン文化は何を夢みた
著作者等 永江 朗
書名ヨミ セゾン ブンカ ワ ナニ オ ユメミタ
出版元 朝日新聞
刊行年月 2010.9
ページ数 303p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-250538-5
NCID BB03419514
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21822532
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想