名張毒ブドウ酒殺人事件

江川紹子 著

一九六一年三月、三重県と奈良県にまたがる小さな村の懇親会でブドウ酒を飲んだ女性五人が悶死。裁判所は「三角関係のもつれによる犯行」として奥西勝に死刑判決を下した。しかし、その判決根拠となった村人たちの供述には矛盾が目立ち、唯一の物証である歯型鑑定も疑問だらけだった-。注目の再審事件の真相に江川紹子が迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 事件
  • 第2章 大家族
  • 第3章 証言
  • 第4章 自白
  • 第5章 天国と地獄
  • 第6章 再審の扉
  • 第7章 四十年後の再審決定

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 名張毒ブドウ酒殺人事件
著作者等 江川 紹子
書名ヨミ ナバリ ドクブドウシュ サツジン ジケン : 6ニンメ ノ ギセイシャ
書名別名 6人目の犠牲者

Nabari dokubudoshu satsujin jiken
シリーズ名 岩波現代文庫 S213
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.3
ページ数 365p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-603213-5
NCID BB05186927
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21922539
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想