聞かせてよ、ファインマンさん

R.P.ファインマン 著 ; 大貫昌子, 江沢洋 訳

もしもファインマンさんの講演会があったなら、今だって会場には溢れんばかりの人がおしかけるだろう。学問のいかめしさとは全く無縁、不思議を突き止めていく科学のワクワク、ドキドキを、抱腹絶倒の語り口で伝えてくれるから。そんなファインマンさんの、講演・インタビューをまとめた一冊。話題は生い立ちから、素粒子や宇宙の話まで。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ものごとをつきとめることの喜び
  • 2 未来の計算機
  • 3 現代社会での科学的文化の役割とそのありかた
  • 4 底のほうにはまだ十二分の余地がある
  • 5 科学の価値とは何か
  • 6 リチャード・P.ファインマンによるスペースシャトル「チャレンジャー号」事故少数派調査報告
  • 7 科学とは何か
  • 8 世界一、頭のいい男
  • 9 リチャード・ファインマン、宇宙を築く
  • 10 科学と宗教の関係

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聞かせてよ、ファインマンさん
著作者等 Feynman, Richard Phillips
大貫 昌子
江沢 洋
Feynman Richard P.
ファインマン リチャード・P.
書名ヨミ キカセテヨ ファインマン サン
書名別名 ファインマンさんベストエッセイ

The pleasure of finding things out

Kikaseteyo fainman san
シリーズ名 岩波現代文庫 S185
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.4
ページ数 330p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-603185-5
NCID BA89732749
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21594507
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想